こんにちは。塾長の高木です。

4月もあと3日で終わりですね。早いものです。

今日は天気もいいので、夜は星が見られるといいな~ということで春の星座について紹介します。

春の星座として有名なのは、おおぐま座、うしかい座、おとめ座、しし座ですよね。

そのほかにも、こぐま座、カラス座、うみへび座などもあります。

まずは、北斗七星を見つけると他の星座も見つけやすいです!

北斗七星の柄の部分はおおぐま座のしっぽの部分です。

このしっぽの部分を伸ばしたところにオレンジ色の星、アルトゥルス(うしかい座)、

その先にスピカ(おとめ座)を見つけることができます。これが、「春の大曲線」ですね。

スピカの先にはカラス座(台形に星が並んでます)があります。

うしかい座のアルトゥルス、おとめ座のスピカ、しし座のデスポラを結んでできる

大きな三角形が「春の大三角」です。

星座は明るい星でないと見つけにくいので、これらを見つけてあとは星座早見表などを

使って形を想像するのも楽しいですよ!

来週は祝日もあるので天気が良ければ、星を観察したいですね!

うまく写真が撮れれば、ブログで紹介します!