塾長の髙木です。

紀伊半島南部で新種の桜が発見されたと言うニュースがありましたね。

野生の桜の新種発見は約100年ぶりだそうです。名前は「クマノザクラ」。

桜が見つかった熊野地域から名前をとって命名されたそうです。

 

クマノザクラ                  クマノザクラ樹形

国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所 和歌山県林業試験場プレスリリースより

 

ヤマザクラに比べて、花の色がピンクがかっているのと、開花時期が3月中旬から4月上旬までと早いのが特徴のようです。

日本の野生の桜はこのクマノザクラを入れて10種だと言うことなので調べてみました。

それぞれの特徴を調べてみると面白いかも知れないですね。

<日本の野生の桜>
ヤマザクラ オオヤマザクラ オオシマザクラ カスミザクラ エドヒガン
マメザクラ タカネザクラ チョウジザクラ ミヤマザクラ クマノザクラ

今週末、天気が良かったらクマノザクラ見に行きたいですね!

写真が撮れたらブログで紹介しますね。

********************************************************

当塾では、新規塾生を募集しております。

随時、無料体験実施中です!入塾キャンペーンも実施しております!

まずはお気軽にお問合せ下さい。

松陰塾草津矢倉校 TEL:077-515-7202(電話受付:13:00~21:00)

********************************************************